無人化施工機器

無人化施工とは「作業員が立ち入ることが出来ない危険な作業現場で重機を遠隔操作し施工する作業」です。
災害発生直後や危険が予想される現場で2次災害を最小限に食い止めることを目的とし応急対策、復旧工事、劣悪な作業環境で無人で作業したほうが良いと思われる場所で無人化施工が行われます。
現在も火砕流現場、土砂崩れ、粉塵やガスの多い現場などで稼働していますが、将来的には建設関係の作業員の減少が予想され、無人化施工もICTやIoTなどの機器とドローンの3次元処理・GNNS位置管理機器などがシステムアップされ無人操作施工が始まるかもしれません。

用途
無人アスベスト除去・液状ガラス繊維拭きつけ重機やダンプ・ラフタ・ブルトーザー・ショベルカーなどの無人化施工重機・小型タワークレーン・草刈機等も無線化が可能です。