デジタルMCA無線

MCA無線システムとは、一定数の周波数を多数の利用者が共同利用する無線方式を使用した陸上移動分野における業務用無線システムを言います。MCAとはマルチ・チャンネル・アクセスと言い、空きチャンネルを自動的に選択して通信可能となるため混信に強いシステムです。構成としては、共同利用設備として位置づけられる制御局とユーザーが設置管理する指令局と移動局からなります。免許は必要ですが無線従事者資格は不要です。通信範囲として制御局より半径 15kmから30kmが目安ですが、制御局をローミングすることにより、全国規模で通信可能となっています。周波数帯はUHF帯(800MHzと 1.5GHz帯)です。音声通信以外にファクシミリ、データ伝送にも使われています。