Muセンサ 長距離無線 水位監視システム

Muセンサ 長距離無線

メーカー名 DENGYO(日本電業工作株式会社)

遠隔地からでもクラウド管理画面で河川の状況をリアルタイムに「見える化」した水位監視システム。状況を正確に把握し、水害対策・避難対策の判断を迅速にサポートします。太陽光パネルとバッテリーによる完全自立運用であるため、大規模な配線工事なしで設置でき、短期間で運用開始が可能です。また、容易に移設できるため、臨時観測などにも最適です。

クリックすると大きな画像で表示されます

概要

■3つの特徴

①約2km範囲の広域センサネットワークを構築可能

安定した長距離通信が可能な特定小電力無線(920MHz)を利用することにより、最長約2kmの広範囲をネットワーク化。観測ポイントが多くても、同時に30ポイントからのデータ集約が可能です。

②自立電源でローコスト運用

オプションの太陽光パネル電源での自立運用が可能なので、大がかりな工事不要で簡易設置でき、工事費を圧縮できます。

③遠隔地から観測可能

集約したデータは、3G携帯回線でクラウドに蓄積。インターネットがつながれば、パソコンやモバイル機器でWEB画面からデータ閲覧・ダウンロードできるため、遠隔地からのリアルタイム監視が実現します。水位だけでなく雨量・水温など、多様な監視項目を一括で管理できます。

■こんな現場・シーンで活躍します

・河川氾濫による冠水・浸水対策

・堤の決壊による冠水・浸水対策

・地下水や下水道氾濫などによる浸水対策

■こんなお悩み・ニーズにお応えします

・ローコストで水位監視システムを設置したい

・災害時の緊急監視を行いたい

・河川増水やダム放流による環境調査を行いたい

仕様

■特徴一覧

【水位センサ】

・測定可能水位レンジ 0~10m

・データ収集は5分おき

 【制御ボックス】

・Muセンサ本体

・バッテリ

・3Gルータ

・記録用SDカード

 【太陽電池パネル】

・AC電源不要

・不日照4日駆動

 【920MHz特小棒アンテナ】

・免許不要の特定小電力無線(920MHz)で最長約2km範囲の広域エリアをカバー

・ネットワーク敷設工事不要

 【モバイルルーター用外付けアンテナ】

・3G携帯電話回線利用で、ネットワーク施設工事不要