現場の事故を防ぐためのシステム構築事例(6)

クレーン同士の衝突リスクを防ぐオペレーター間連絡用無線機

本システムの概要

複数台のクレーンを設置する現場では、クレーン同士が衝突する危険を避けなければいけません。特に狭い範囲に複数のクレーンを設置する場合は衝突のリスクも高くなり、オペレーター同士が注意しながら操作していても回避できないリスクも潜んでいます。そんなシーンでご活用いただきたいのが、オペレーター間連絡用無線機です。リアルタイムでクレーンの動作を伝達できるため、衝突・干渉事故のリスクを大幅に低減できます。

クレーン同士の衝突リスクを防ぐオペレーター間連絡用無線機

本システムの使い方

本システムの使い方

本システムを構成する無線機器など
特定小電力無線機
特定小電力無線機
FTH-107/108
FTH-107は、コンパクトで小電力設計、使いやすさにこだわった特定小電力無線機です。FTH-107のクラスアップモデルであるFTH-108は、強力な防水・防塵性能に加え、エマージェンシーボタンやプライバシーモードなど、さらに豊富な機能を備えています。

>> FTH-107/108の詳細はこちら

商品に関するご質問・お見積はお気軽にご相談ください。 東京. 03-3980-2727 大阪. 06-6427-7066