現場の事故を防ぐためのシステム構築事例(7)

地震の揺れが来る前に到達時刻や震度を知らせるシステム

本システムの概要

緊急地震速報は、地震発生の直後、揺れが来る前にアラートするシステムです。震源に近い地震計でとらえた観測データを解折・推定し、できる限り早いタイミングで到達時刻や震度を知らせます。特に建築工事現場などは、地震によって人命に大きなリスクが及びますが、緊急地震速報を導入しておけば、身の安全を確保したり、出口を確保するなどの避難行動ができます。この「わずかな時間」が命を守り、被害を減らすことにつながるのです。

クレーン同士の衝突リスクを防ぐオペレーター間連絡用無線機

本システムの使い方
  • ■地震速報のみを自動的に放送するシステムです。
  • ■既存のお設備を活用して設置できます。
  • ■インフラ費用は必要ありません。
  • ■速報受信料は必要ありません。
  • ■避難訓練にも活用できます。

本システムの使い方

本システムを構成する無線機器など
緊急地震速報アダプター
緊急地震速報アダプター
EEW100
EEW100は、NHKラジオから流される「緊急地震速報」を利用するため、ADSLや光回線などのインフラ(専用回線)費用はかかりません。一般的な電源、およびNHKラジオの緊急地震速報を受信できる環境であれば設置可能。既設の構内放送などの設備を活用できるため、工事費も抑えられます。

>> EEW100の詳細はこちら

商品に関するご質問・お見積はお気軽にご相談ください。 東京. 03-3980-2727 大阪. 06-6427-7066