現場の事故を防ぐためのシステム構築事例(15)

赤外線センサーを利用した車両通行信号システム

本システムの概要

工事現場の付近では、車両同士がすれ違いできない狭隘な道路が多々あります。特に山間部の工事においては、大型車掌がすれ違えずにバック・待機するなどして譲り合うシーンも多く、見通しが悪い場所だと事故につながるケースも少なくありません。このような状況において、赤外線センサーで車両を検知して、信号を発するのが本システム。現場の管理を円滑にするとともに、工事車両・一般車両の安全を保つのに効果を発揮します。

本システムの概要

本システムの使い方

赤外線センサーが車両を検知すると信号が変わります!

■赤外線センサーを利用した車両通行信号システム導入のメリット
01 赤外線センサーと電子カウンターで制御することにより、効率的な信号サイクルを実現できます!
02 監視員を置く場合に比べ、人件費を大幅に削減できます!
03 工事現場における車両の衝突事故を防止できます!
04 車両通行における無駄な待ち時間がなくなり、業務効率化を実現できます!燃料削減・CO2削減にもつながります!
05 複数台の車両が進入する場合も、最後尾の車両が通過するまで信号を制御できます!
06 車両が反対側へ退出しなかった場合を想定し、リセットタイマーも搭載しています!
07 無線式を利用すれば、信号間1kmの長距離設置も可能です!

本システムを構成する無線機器など
赤外線センサー PR-11BE
赤外線センサー PR-11BE
PR-11BE
屋外・屋内を問わず取り付けできる反射型赤外線センサー。レンズ部は水平(±90°)にも上下(±10°)にも動かせるので、警戒方向を自由に設定できます。

>> PR-11BEの詳細はこちら

商品に関するご質問・お見積はお気軽にご相談ください。 東京. 03-3980-2727 大阪. 06-6427-7066