製品情報詳細

ハイブリッドIPトランシーバー

ハイブリッドIPトランシーバー ハイブリッドIPトランシーバー ハイブリッドIPトランシーバー ハイブリッドIPトランシーバー
  • ハイブリッドIPトランシーバー
  • ハイブリッドIPトランシーバー
  • ハイブリッドIPトランシーバー
  • ハイブリッドIPトランシーバー

無線機器・同時通話無線・ガイドシステム・特小リモコン

型番 IP700
メーカー アイコム
提供形式 販売 / レンタル

IPトランシーバーとデジタル簡易無線がこの一台に。

携帯電話の通話エリアならどこでも通話エリアとなるIPトランシーバーと、デジタル簡易無線(登録局・免許局)が1台になりました。ワイドな通話エリアと万が一の通信手段の確保を両立できる、業界初のハイブリッドIPトランシーバーです。

商品のお申し込みはこちら

こちらの製品もあわせて見られています

  • DECT規格ワイヤレスインターカムシステム 可搬型

    無線機器・同時通話無線・ガイドシステム・特小リモコン

    MK-H96/MK-A96/MK-316C

  • DECT規格ワイヤレスインターカムシステム

    無線機器・同時通話無線・ガイドシステム・特小リモコン

    MK-C96/MK-A96/MK-B96/MK-316C

  • 同報通信衛星トランシーバー

    無線機器・同時通話無線・ガイドシステム・特小リモコン

    IC-SAT100

  • ハイブリッドIPトランシーバー

    無線機器・同時通話無線・ガイドシステム・特小リモコン

    IP700

IP700の特徴

主な特徴

①DUALモード

IPトランシーバーとデジタル簡易無線、両方の受信/送信を同時に行うことができます。

②LTEモード

キャリアのLTE回線を経由して通信するため、端末の位置に関わらず、携帯電話の通話エリア内であればどこにいても通話ができます。また、電話のような相互同時通話が可能です。

③DCRモード

無線機同士で直接通信するため、ほかのインフラに依存せず、電波が届くかぎり(見通しのよい環境で数キロ程度)通話することができます。

④デュアルSIMに対応

au回線とNTTドコモ回線の2枚のSIMを同時に装着可能。本体操作だけで2回線を切り替えて使います。両回線のSIMを装備しておくことで、万一の回線トラブルにも対応できます。

⑤登録局・免許局に対応

デジタル簡易無線は、登録局(3R)と免許局(3B)いずれにも対応しています※。

※登録局と免許局を同時に送信・受信することはできません。

IP700の仕様

仕様など

 

IP700(LTE)

IP700(DCR)

周波数範囲

auの4G LTE

NTTドコモのLTE

3R=TX:351.20000~351.38125 MHz(30ch)、RX:351.16875~351.38125 MHz(35ch)3B=TX:467.0000~467.40000 MHz(65ch)、 RX:467.0000~467.40000 MHz(65ch)

送信出力

+23dBm

5W/1W

受信感度

-95dBm以下(QPSK)

-0.5dBμVemf以下(BER=1%スタティック時)

0.0dBμVemf以下(BER=3%フェーシング時)

音声出力

内部SP:1500mW typ. (負荷8Ω、10%歪時)

外部SP:1000mW typ. (負荷8Ω、10%歪時)

使用温度範囲 -20℃~+60℃
電源電圧 7.4V

消費電力

送信時:1.6A (5W出力時)

受信時:520mA (内部SP、最大音量時)

待受時:300mA

寸法 140.5(H)×61.7(W)×42.8(D)mm (BP-303装着時、アンテナ除く)
重量 約320g (BP-303装着時)

運用可能時間

約25時間(電波の強いエリアで使用)

約15時間(送信出力1W)/

約13時間(送信出力5W)

Bluetooth関連 対応バージョン:Ver.4.2 送信出力:Class 2 対応プロファイル:HFP、HSP
通話互換 アイコムのIPトランシーバーシリーズ

3R/3Bに対応したデジタル簡易無線機

  • 構築事例
  • よくあるご質問

無料ご相談受付中