クレーン揚重監視

クレーン揚重監視の製品ラインナップ

「クレーン監視カメラ」は「高所用テレビカメラシステム」や「クレーン用カメラシステム」とも呼ばれ、クレーンブームの先端にカメラを取り付けることで、運転席から目視できない箇所の状況把握を可能にするシステムです。建設現場や港湾施設などで、クレーン作業の死角解消やオペレーターの視界確保などを目的に活用されています。

モニタでクレーン先端から真下の状況を確認できるため、安全性や作業能率の向上、事故防止を図ることが可能。物と物の間に吊荷を降ろしていくような作業の効率化にも役立ちます。

当社ではレンタル・販売する製品として高性能CCDカメラを採用。オートフォーカス・オートアイリス・ズームに対応し、モニタの色味調整によって視認性も確保。全天候型のため雨風の影響を受けにくいことも大きな特長です。

クレーン監視カメラの導入については、ぜひ「東京通信機株式会社」までお気軽にご相談ください。

クレーン揚重監視一覧

  • クレーン監視カメラ PCC-8950

    クレーン揚重監視

    PCC-8950

    MORE

  • クレーン監視カメラ PCC-7910

    クレーン揚重監視

    PCC-7910

    MORE

  • 構築事例
  • よくあるご質問

無料ご相談受付中