システム構築・運用ガイド詳細

現場の事故を防ぐためのシステム構築事例(2)

テレコンスイッチシステムを利用した重機事故防止システム

本システムの概要

作業中の重機の運転席へリモコンの信号で侵入を知らせ、事故を未然に防ぐシステムです。作業員が作業エリアに出入りするとき、個々に持っているリモコンで信号を発することで、重機の運転席に注意を促します。

テレコンスイッチシステムを利用した重機事故防止システム

本システムの使い方

本システムの使い方

  • 作業員が作業エリアに出入りするとき、個々に持っているリモコンで信号を発することで、重機の運転席に知らせる。
  • リモコンからの信号により、運転室内に設置したパトライトが回り、作業エリアへの進入を知らせる。
  • リモコンの操作は、(A)パトライトを鳴らす(B)パトライトを止める の簡単操作。

その他、有線を配線できないところに無線ユニットを使用して、警報・コントロールなど現場に合ったシステムをご提案可能です。

本システムを構成する無線機器など
特定小電力リモコン 安全機器
WT-02+WR-01 パトライト RT‑A/C/D/E
WT-02+WR-01

テレコンスイッチ送信機WT-02は、技術基準適合証明を取得済みなので、無線局の免許無しに使用することができます。

>> WT-02+WR-01の詳細はこちら
パトライト RT‑A/C/D/E

パトライト社のホーンスピーカ一体型マルチ電子音回転灯です。大型ホーンだから最大105dB(at 1m)の大音量。低音から高音まで広音域でクリアな音を届けます。工事現場や駐車場などへの設置...

>> パトライト RT‑A/C/D/Eの詳細はこちら

無料ご相談受付中