システム構築・運用ガイド詳細

現場の事故を防ぐためのシステム構築事例(18)

立坑工事における作業者の安全を確保する無線警報システム

本システムの概要

立坑でのクレーン作業は事故が付きもの。場合によっては、作業者の命にかかわる重大な事故を招きます。このシステムは、送信機のボタン一つで立坑工事の作業者に危険を知らせる無線警報システムです。クレーンなどのオペレーターが送信ボタンを押すことで、無線を介してパトライトが鳴ります。比較的、費用を抑えて導入できるシステムですから、クレーン災害の防止、作業員の安全確保にぜひお役立てください。

本システムの概要

本システムの使い方

オペレータはクレーンを動かすときに送信機のボタンを押すだけ。面倒な操作は一切不要で、瞬時に警報を発信できます。

本システムの使い方

オペレーターがボタンを押すと、パトライトが鳴ります。パトライトの動作時間はタイマーで制御できますし、オプションで音声を出すことも可能。現場に最適な設定をしたうえで運用していただけます。

本システムを構成する無線機器など
特定小電力リモコン 特定小電力リモコン
WT-02+WR-01 MU1-IN8/MU1-OUT8
WT-02+WR-01

テレコンスイッチ送信機WT-02は、技術基準適合証明を取得済みなので、無線局の免許無しに使用することができます。

>> WT-02+WR-01の詳細はこちら
MU1-IN8/MU1-OUT8

MU1-IN8、MU1-OUT8は、特定小電力無線モジュールMU-1シリーズを搭載した、8接点入力、8接点出力ボードです。用途に応じて、429MHz、1216MHzの周波数帯の選択が可能です。

>> MU1-IN8/MU1-OUT8の詳細はこちら

無料ご相談受付中