システム構築・運用ガイド詳細

現場の事故を防ぐためのシステム構築事例(20)

遠隔地からの現場監視を実現するネットワークカメラシステム

本システムの概要

近年は、山間部や河川・湾岸などの作業現場にネットワークカメラを設置することで、24時間・365日、常にリアルタイムの情報を収集できるようになりました。遠隔地の建設現場などにわざわざ本社からスタッフを派遣しなくても、現地の情報を収集したり、的確な作業指示を出したりできます。このネットワークカメラシステムは、携帯電話がつながる場所ならどこでも構築可能。スマートフォンやタブレット、PCなどの端末を使って、遠方の作業現場と本社間などでより精度の高い連携を図ることができます。

本システムの概要

本システムの使い方

本システムの使い方

  • 携帯電話が通じる場所であれば、どこでも設置可能!
  • カメラ設置場所と事務所が離れている場合や、見通し距離がないときなどに最適!
  • オプションでソーラー、およびバッテリー運用も可能!
本システムを構成する無線機器など
ネットワークカメラ
BB-HCM581
BB-HCM581

屋外タイプのネットワークカメラです。画質に優れたJPEG方式に加え、画像の圧縮率が高く動画のモニタリングに適したMPEG-4方式にも対応しているため、利用目的に応じたモニタリン...

>> BB-HCM581の詳細はこちら

無料ご相談受付中